トピックス

リフォーム知恵ブログ
2020.12.14

外壁塗装が犬に与える影響とは?横浜の業者が紹介します!

横浜在住でペットを飼っていらっしゃる方へ、外壁塗装が犬に与える影響についてご紹介します。

外壁塗装がペットにどのような影響を与えるのでしょうか。

あまり想像できないですよね。

横浜の業者が悪影響と注意点について、分かりやすく解説していきます。

□外壁塗装によるペットへの悪影響とは

外壁塗装によるペットへの悪影響は主に4つ挙げられます。

順に解説していきます。

1つ目は塗料の匂いによる問題です。

たとえば、シンナーなどの塗料はとても匂いがきつく、鼻の利く犬などのペットにとっては悪影響と言えるでしょう。

種類によっては匂いの影響が少ない塗料が存在します。

たとえば、保育園などで使用される水性塗料などが挙げられるでしょう。

これらは、乾くとなめても人体に害のないような成分で構成されています。

しかし、塗料としての効力は一般的なものと比較して下がるため、耐用年数が下がってしまうという欠点があります。

では、ペットが匂いのきつい塗料を嗅ぐと具体的にどのような悪影響があるのでしょうか。

人間がシンナーを嗅ぐとフラフラし、気分が悪くなりますよね。

犬も基本的に同じ症状が現れますが、人間の何十倍もの嗅覚があるので、ダメージはさらに大きいでしょう。

2つ目は振動と騒音です。

外壁塗装の施工時には大きな音が出る作業があります。

たとえば、足場の組み立てや解体の音、外壁洗浄の音などです。

ペットはこれらの音に怯えることが考えられるでしょう。

対策としては、あらかじめ音の出る作業を把握しておき、それが行われる期間のみ友人や家族、ペットショップに犬を預けることが有効でしょう。

3つ目は2つ目と関連して、外壁洗浄の際に用いる高圧洗浄機の水の跳ね返りです。

高圧洗浄は非常に危険なので、必ずペットが離れていることを確認しましょう。

4つ目は養生と足場についてです。

施行中は至る所に設備が設営されます。

これらはペットにとってはストレスになるので、施工場所には近づかせないようにしてください。

□施工と悪影響な成分とペットを避けての施工とは

安全に施工を終えるためにはペットがいることを必ず業者に伝えておくことが重要です。

また、施工前にペットに健康被害が及ぶ成分や要素がないか、事前にチェックしましょう。

□まとめ

以上が住宅に外壁塗装を施すことによる影響と施工の際の注意点です。

ご存じでなかったことが多かったのではないでしょうか。

大切なことはやはり必ず、事前にペットを飼っている旨を業者に伝えておくことです。

この記事の内容を念頭において、住民もペットも快適なライフスタイルを実現させましょう。

外壁塗装の工事の際は、乾燥時間が必要です。しかし、どのくらい時間がかかるのかは分かりませんよね。そこで、今回はどの程度乾燥に時間がかかるのかについて横浜の業者が解説します。

□乾燥時間の目安

外壁塗装の乾燥には、時間がかかることをご存じですか。思っていたより乾燥時間が必要だったと感じる方もいますので、乾燥にかかる時間の目安を見ていきましょう。
外壁塗装の工事は、高圧洗浄や3度塗りのステップを踏みます。それぞれの工程の後に乾燥時間が必要です。
また、塗料が完全に乾燥するまで4つのステップを踏みます。塗装後1〜2時間で軽く触っても汚れが付かなくなり、数時間〜1日で擦っても汚れが付着しなくなるでしょう。さらに、1週間後には指で押しつぶしても指紋が残らないまで乾燥が進み、2週間で完全に乾燥します。
一般的には、軽く擦っても付着しない数時間〜1日経過した状態から重ね塗りが可能です。しかし、気温や湿度等の環境によって乾燥時間は多少前後するでしょう。塗料の乾燥には、必ず一定以上の時間をかける必要があります。万が一、2〜3日で施工が完了した場合は、手抜き工事の可能性があるため、注意しましょう。

□乾燥の際に注意すること

外壁が乾燥する前に、絶対にやってはいけないことがあります。事前に注意点を確認しておき、これから紹介する4つの行為は避けましょう。
1つ目は、塗装面に物を立て掛けることです。塗料の乾燥は、上記で紹介したように時間がかかります。乾燥する前に塗装面に物を立てかけると、塗装が剥がれる可能性があります。傘のような軽い物も立てかけないように心がけましょう。
2つ目は、乾燥したかを自分で確かめることです。塗装後に完全に乾燥しているかは、業者でも判断が難しいです。それを素人が確かめると、塗料の剥がれにつながる可能性があるため、勝手に触らないようにしましょう。
3つ目は、戸建ての場合は外で作業を行うことです。洗車や芝刈り等の作業をしたくなる気持ちも分かりますが、外壁に水や土が飛べば失敗の原因になるでしょう。乾燥するまでは、屋外の作業を控えることをおすすめします。
4つ目は、注意事項を業者に確認しないことです。塗装に関して知識がない場合は、特に触っても大丈夫と思ってしまい、触ってしまう方もいますが、乾燥するまで触ることは厳禁です。このように、何をどうすれば良いか分からない場合は、あらかじめ業者に注意点を直接聞きしましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装の乾燥にかかる時間についてお話ししました。目安になる乾燥時間がありますが、業者の説明があるまで塗装面を触らないようにしましょう。当社では、工事の進み具合を職長からのレポートでお伝えします。そのため、このように乾燥時間やその他に不安な点がある方も、安心して当社に施工をお任せください。

外壁塗装の現調/無料見積り ▶︎24時間カレンダー予約

トピックス一覧

お問合せ

お問合せ