トピックス

リフォーム知恵ブログ
2020.12.26

外壁塗装におけるサイディングとは?横浜の塗装業者が解説します!

横浜在住で、外壁塗装をお考えの方がいらっしゃると思います。

突然ですが、サイディングという言葉をご存じでしょうか。

馴染みのある方はあまりいないかもしれませんが、外壁塗装を依頼する際には是非知っておきたい言葉です。

そこで今回は外壁塗装におけるサイディングの解説とリスクカバーについてご紹介します。

□サイディングのメリットとデメリットとは

そもそもサイディングという言葉を聞いたことがない方もいらっしゃいますよね。

では、まずサイディングについて説明します。

サイディングとは外壁の素材の一種です。

繊維とセメントで構成されており、板状になっています。

どのように用いるのでしょうか。

実はサイディングは外壁素材と呼ばれ、建物の形状に合わせて張り付けて使用します。

*サイディングのメリットとは

サイディングのメリットはどのようものなのでしょうか。

まず、板状のボードを張り付けていくので施工時間が塗料を塗るものと比べて短い点が挙げられます。

また、材料費が比較的安価で、施工費が安いというメリットがあります。

お手軽な施工方法ですよね。

その他には軽量で耐久性が良いというメリットがあります。

*サイディングのデメリットとは

サイディングのデメリットとは、何でしょうか。

まず、熱を吸収しやすいという点があります。

その他にはサイディングの間を埋めるコーキングの劣化が目立ってしまうことが挙げられるでしょう。

□サイディングのリスクカバーの方法とは

サイディングは現在、主流な外壁の施工方法となっています。

その理由は何でしょうか。

前述の通り、施工時間の短縮、施工費用の安さ、経年劣化しにくいという、利用の手軽さにあります。

では、具体的にどのくらいの耐用年数があるのでしょうか。

経年劣化しにくいとは言え、永遠のものではありません。

寿命は一般的に7年から8年と言われています。

劣化のサインとしては、つなぎ目が剥がれる、白い粉が出てくるなどがあります。

これらのサインが出てきた場合は、早急にメンテナンスを依頼しましょう。

サイディングが剥がれ、雨水が侵入すれば、他の機器の故障や雨漏りに繋がります。

□まとめ

以上が外壁塗装におけるサイディングのメリットとデメリットについての解説と、リスクカバーについての説明です。

知らない特徴や、意外なメリットがあったのではないでしょうか。

サイディングは上手く用いれば、外壁塗装をより良いものにできます。

サイディングについての上記の知識をふまえ、円滑な施工を行いましょう。

トピックス一覧

お問合せ

お問合せ