トピックス

リフォーム知恵ブログ
2021.03.15

外壁塗装をご検討中の方へ!塗料の選び方について解説します!

外壁塗装の際に使用する塗料について、詳しく知らないという方は多いでしょう。
そこで今回は、横浜の塗装会社が塗料の選び方について分かりやすく解説します。
外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□外壁塗装に用いる塗料の選び方とは

外壁に用いる塗料には、アクリル、シリコン、フッ素、ウレタンなどの種類があります。
このように種類が多いと、何を選べば良いのかわからないですよね。
そこで、塗料の選び方のポイントを紹介します。

1つ目のポイントは色を選ぶことです。
外壁の色は住宅の印象を左右します。
同じ系統の色でも少しの色味の違いでイメージが変わるので、色を選ぶ際は塗装会社に色見本を見せてもらいましょう。

2つ目のポイントは塗料のタイプを選ぶことです。
塗料には、作業性に優れた水性塗料と耐久性に優れた油性塗料があります。
また、防水塗料や低汚染塗料、遮熱塗料など、機能面で優れた塗料もあります。
このような機能について塗装会社に確認し、適切なものを選びましょう。

3つ目のポイントは外壁との相性で選ぶことです。
塗料によっては相性が合わない外壁もあるので、ご自宅の外壁がどのような外壁材なのかを確認しましょう。
分からない場合は塗装会社に聞くと良いでしょう。
塗装会社が外壁に合わせた塗料を提案してくれます。

□塗料を選ぶ前に準備するべきこととは?

塗料を選ぶ前に、ご自身がどのような住宅にしたいかをイメージしておくことが大切です。
そこで、2つのパターンに分けておすすめの塗料をご紹介します。

まず、外壁を長持ちさせたいとお考えの方におすすめなのがフッ素系塗料や無機塗料です。
これらはカビや藻の繁殖を防ぎ、水や熱に強いといった特徴があります。
そのため、他の塗料に比べて塗り替える回数を減らせるでしょう。

また、これらの塗料は低汚染塗料とも言われ、汚れに強い性質を持ちます。
汚れにくい外壁にしたいとお考えの方にもぴったりでしょう。

次に、費用は抑えたいけれど耐久性のある塗料が良いという方にとってはシリコン系塗料がおすすめです。
アクリルやウレタン系塗料は、安価であるものの耐久性は低いです。
一方で、シリコン系塗料はコストパフォーマンスに優れていることから、最近では主流になっています。

□まとめ

今回は外壁塗装に用いる塗料の選び方をご紹介しました。
外壁塗装を依頼する際は、塗装会社に塗料の機能を確認することをおすすめします。
今回の記事を参考に、ご自身の理想の住宅に仕上がるような塗料を選びましょう。
外壁塗装に関するご質問があれば、お気軽に当社にお問合せください。

トピックス一覧

お問合せ

お問合せ