トピックス

リフォーム知恵ブログ
2021.05.14

外壁塗装の工事における養生の役割と重要性について解説します!

養生についてきちんと知っていますか。
養生とは、外壁の塗装に欠かせないものです。
では、その役割とは何でしょうか。
そこで今回は、横浜の専門会社が養生の役割と重要性について分かりやすく説明します。

□そもそも養生とは?その役割と必要性について

皆さんは養生というものをご存じでしょうか。
養生は引っ越しの際などに用いられるテープのことで、建築物の保護を目的に使用されます。
ここでは、外壁塗装における養生のより具体的な使用目的をいくつか紹介します。

1つ目は塗料が飛び散ることを防ぐためです。
外壁塗装で用いる塗料は液体です。
そのため、塗っている際に飛び散ったり、余計な部分に塗ってしまったりすることがあります。
それを防ぐために、事前に養生で、塗る必要の無い部分を保護します。

2つ目は養生と共に外壁塗装の工事でよく使用される飛散防止ネットです。
このネットは塗料だけではなく、高圧洗浄機の水の飛散防止にも対応できるので重宝されます。

3つ目は依頼者の生活を考慮した使用方法です。
塗装による車や家具の汚れを防ぐために、養生が必要な場所を塗装会社が判断します。
さらに、エアコンなどの機器の周りにはその使用を制限しないような養生の貼り方を施します。

上記に加えて、養生のチェックポイントとして窓の開閉が挙げられます。
基本的に塗装工事期間中は窓は開けません。
しかし、どうしても窓を開けたい場合は塗装会社に相談しましょう。

□養生を用いる際に注意する必要のあることとは?

続いて、養生を使用する際の注意点をいくつか紹介します。

1つ目は前述の通り窓の開閉ができないことです。
これは、窓やその付近に塗料が付着することを防ぐために行います。
しかし、事前に塗装会社に相談することで、ビニールに穴を空けて換気を行うなどの対応が可能です。

2つ目は長い期間養生を貼ると植物に悪影響が出ることです。
外壁付近の植木などに養生をする場合は、なるべく養生を貼る期間を短くしてもらいましょう。

長期間に渡り養生をしていると、日光や酸素が足りなくなり植物が枯れてしまう可能性があります。

3つ目は雑に養生を貼るとトラブルにつながることです。
本稿で紹介した養生の効果を十分に発揮できない場合、塗る必要の無い部分への塗料の飛散が考えられるので注意が必要です。

□まとめ

今回は、外壁塗装の工事に欠かせない養生の役割と必要性について解説しました。
養生をご存じでは無かった方もその大切さを理解できたと思います。
外壁塗装の工事を依頼して工事が始まった際には、ぜひ専門会社の養生の使い方に着目してみてください。

トピックス一覧

お問合せ

お問合せ