トピックス

リフォーム知恵ブログ
2021.05.16

外壁塗装をお考えの方へ!防水塗装についてご紹介します!

横浜にお住まいの方の中で、
「長持ちする外壁塗装でメンテナンス回数を減らしたい」
「外壁塗装で防水対策がしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、外壁塗装をお考えの方に向けて、防水塗装の必要性と最適なタイミングをご紹介します。

□外壁塗装で防水対策を施す必要性をご紹介!

一戸建てやマンションに関わらず、どのような建物でも外壁塗装は雨風から建物の構造部分を守る重要な役割を果たしています。
もし外壁が雨水の侵入を許してしまい建物内部に雨漏りが発生すると、鉄筋が錆びて膨らみ、コンクリートが大崩壊する危険があります。
また、木造なら柱が腐り、最悪の場合建物が崩壊する恐れもあるのです。
特に鉄筋の錆によるコンクリートの破損は、割れた外壁の落下による通行人の負傷や建物強度の低下などが引き起こされ、深刻な問題となっています。

このような問題を防ぎ、建物の劣化を遅らせるために、建物外壁の防水対策が必要なのです。
防水機能は基本的に外装塗料の性能によって決まりますが、その耐用年数は7年から10年と言われています。
また、防水機能のある塗料を使用していても、日の当らない場所などではカビやコケの影響で劣化が早く進む可能性もあります。

□防水塗装をするタイミングについてご紹介!

まずは、劣化症状が出た場合です。
ベランダや屋根に外壁塗装のひび割れや剥がれを発見したら、防水対策を行うのをおすすめします。

それぞれの症状について、もう少し詳細にご紹介します。
ひび割れは、雨風や紫外線の影響から塗装した部分が劣化して起こるものです。
ひび割れが発生するとそこから雨漏りし、住宅内部を腐食させたりカビが生えたりして建物自体の劣化を早める原因となります。

また、塗装の剥がれも紫外線や経年劣化によって起こります。
剥がれが発生している部分は防水機能が低下している目安になるため、早めに防水塗装を行い補修しましょう。

次に、前回の塗装から10年以上が経過している場合です。
塗料の耐用年数は大体10年なので、前回の塗装から10年前以上経過していれば防水塗装を行うと良いでしょう。
ただし、10年以下でも劣化症状が出ていれば早めにメンテナンスするのが大切です。

最後に、ベランダに水が溜まりやすくなる場合です。
ベランダに水が溜まりやすくなる原因としては、防水層の下のモルタルなどに問題が起きている場合があります。
防水層の下地に問題があると防水機能が低下してしまうため、一度防水塗装を全て剥がして下地の補修が必要です。

□まとめ

今回は、横浜で外壁塗装をお考えの方に向けて防水塗装の必要性についてご紹介しました。
また、防水塗装をする最適なタイミングについてもご紹介しました。
この記事を塗装選びの参考にしていただければ幸いです。
ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

トピックス一覧

お問合せ

お問合せ