トピックス

リフォーム知恵ブログ
2021.04.20

外壁塗装は自分でできる?塗装会社が詳しく解説します!

横浜在住の方で外壁塗装を検討されている方はいらっしゃいませんか。
ご自分での塗装を検討中の方がいらっしゃるでしょう。
しかし、外壁塗装の詳しいやり方をご存じではない方は多いと思います。
そこで今回は、専門会社が塗装工事の手順を紹介します。

□ご自分で外壁を塗装する場合の手順とは?

ここでは、外壁塗装をする場合の手順を1つずつ解説します。

1つ目は外壁の洗浄と養生を貼る作業です。
洗浄では、塗装を施す外壁に付着したコケやカビなどの汚れを取り除きます。
ブラシや高圧洗浄機を用いると効率良く洗浄できます。
また、洗浄した後は次の手順に移る前に、十分に乾燥させる必要があります。

加えて、塗装する箇所を決め、塗装しない部分の養生を貼る作業を行います。
養生により、塗料の飛散から養生部分を守れます。
近くにある車や窓などには養生を貼っておきましょう。

2つ目は外壁の下地処理の作業です。
下地とは、外壁の表面のことです。
下地の表面に傷やヒビがあれば補修する必要があります。
放置してしまうと、ヒビから雨水などが入り、住宅が劣化する可能性があるからです。

コーキング材と呼ばれる充填材をヒビなどの隙間に埋める修復方法があります。
コーキング材を用いる場合は表面を削って整えると良いでしょう。

3つ目は塗料の下塗りの作業です。
下塗りは上から塗る塗料をより密着させるために行います。
丁寧な下塗りにより、塗料が剥がれにくくなります。

4つ目は上塗りの作業です。
下塗りが乾燥したら、上塗りを行います。
上塗りは最低でも2回行うことをおすすめします。
2回以上行うことで塗装の耐久性が上がるからです。

□ご自分での塗装工事をおすすめできない理由とは?

上記の作業をご自身で行えますが、専門会社に依頼をおすすめします。
以下の4つの理由で、ご自身での塗装工事はおすすめできません。

・長持ちしない
・時間がかかる
・危険
・結果的に費用がかかる

やはり、プロの職人ではない方の工事は危険が伴います。
特に、外壁の高い部分の塗装にハシゴなどを用いる際は危ないでしょう。
また、ホームセンターなどの市販の塗料を用いると安価で工事が可能ですが、長持ちしないため、結果的に費用がかかる場合があります。

□まとめ

今回はご自分での外壁塗装工事を検討中の方へ向けて、塗装工事の手順を解説しました。
具体的な工事の順序についてご理解していただけたと思います。
また、本稿で紹介したご自分での工事をおすすめしない理由を読んで塗装会社への依頼を検討される方がいらっしゃるでしょう。

お悩みの方はぜひ、当社にご相談ください。

トピックス一覧

お問合せ

お問合せ