リフォーム知恵ブログ

外壁塗装は天気の影響を受ける?横浜の業者が説明します

更新日:

「もし、施工中に突然雨が降ってきたらどうなるのだろうか。」
このようにお考えの方はいませんか。
そこで、今回は外壁塗装の工事は天気の影響を受けるかについて横浜の業者がお話しします。

□外壁塗装の工事に雨は関係あるか


外壁塗装の工事には、適した天気とそうでない天気があります。
そのため、外壁塗装ができる天気とできない天気に分けて紹介します。

まず、外壁塗装が可能な天気は、晴れか曇りです。
気温や湿度の影響を受けやすい工事ですので、気温は5度以上、湿度は85パーセント未満が適当でしょう。
ただ、気温においては10度以上が好ましいでしょう。
これらの条件を満たしていれば施工は通年問題ありません。

次に、外壁塗装ができない天気は、雨と雪です。
湿度や気温も影響するため、気温が5度以下、湿度が85パーセント以上であれば、施工は難しいでしょう。
また、強風の日や結露や霜が見られる日も避けることをおすすめします。

□外壁塗装中に雨が降ってきた際の影響


外壁塗装ができない雨の日に工事を進めてしまった場合、どのような影響が出るのでしょうか。
外壁塗装に与える影響について3つ紹介します。

1つ目は、塗料の耐久力を下げる可能性があることです。
塗料に雨水が混ざるため、仕上がりが悪くなるでしょう。
さらに、水で薄まるため、耐久性は格段に下がります。
混ざる雨の量にもよりますが、施工した数年以内にひび割れやチョーキング現象が起こる可能性が懸念されるため、注意しましょう。

2つ目は、湿気により乾燥が遅れてしまうことです。
雨の日や湿度が高い日の施工は、仕上がりに悪影響が出ます。
重ね塗りをして仕上げる外壁塗装ですので、一度の雨で台無しになることが懸念されるでしょう。
そのため、雨天や湿度の高い日の施工はおすすめしません。

3つ目は、工期の延長です。
雨による工事の中断は、工期に影響があります。
そのため、予定より工期が延びると考えた方が良いでしょう。
しかし、雨で延びた工事で追加料金を請求することはないため、ご安心ください。

雨の日でも工期の短縮を図り、工事を進める業者には注意が必要です。
養生作業も行わず工事を進める業者には、正しい判断を促しましょう。

□まとめ


今回、雨が外壁塗装に影響があるかやその影響についてお話ししました。
雨が降っている際に、工事を一度切り上げず進めれば、仕上がりに悪影響が出るでしょう。
当社では、積み上げた実績に加え、丁寧な作業でお客様に満足していただいてます。
横浜で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社にご依頼ください。
外壁塗装の工事の際は、乾燥時間が必要です。
しかし、どのくらい時間がかかるのかは分かりませんよね。
そこで、今回はどの程度乾燥に時間がかかるのかについて横浜の業者が解説します。

□乾燥時間の目安


外壁塗装の乾燥には、時間がかかることをご存じですか。
思っていたより乾燥時間が必要だったと感じる方もいますので、乾燥にかかる時間の目安を見ていきましょう。

外壁塗装の工事は、高圧洗浄や3度塗りのステップを踏みます。
それぞれの工程の後に乾燥時間が必要です。

また、塗料が完全に乾燥するまで4つのステップを踏みます。
塗装後1〜2時間で軽く触っても汚れが付かなくなり、数時間〜1日で擦っても汚れが付着しなくなるでしょう。
さらに、1週間後には指で押しつぶしても指紋が残らないまで乾燥が進み、2週間で完全に乾燥します。

一般的には、軽く擦っても付着しない数時間〜1日経過した状態から重ね塗りが可能です。
しかし、気温や湿度等の環境によって乾燥時間は多少前後するでしょう。
塗料の乾燥には、必ず一定以上の時間をかける必要があります。
万が一、2〜3日で施工が完了した場合は、手抜き工事の可能性があるため、注意しましょう。

□乾燥の際に注意すること


外壁が乾燥する前に、絶対にやってはいけないことがあります。
事前に注意点を確認しておき、これから紹介する4つの行為は避けましょう。

1つ目は、塗装面に物を立て掛けることです。
塗料の乾燥は、上記で紹介したように時間がかかります。
乾燥する前に塗装面に物を立てかけると、塗装が剥がれる可能性があります。
傘のような軽い物も立てかけないように心がけましょう。

2つ目は、乾燥したかを自分で確かめることです。
塗装後に完全に乾燥しているかは、業者でも判断が難しいです。
それを素人が確かめると、塗料の剥がれにつながる可能性があるため、勝手に触らないようにしましょう。

3つ目は、戸建ての場合は外で作業を行うことです。
洗車や芝刈り等の作業をしたくなる気持ちも分かりますが、外壁に水や土が飛べば失敗の原因になるでしょう。
乾燥するまでは、屋外の作業を控えることをおすすめします。

4つ目は、注意事項を業者に確認しないことです。
塗装に関して知識がない場合は、特に触っても大丈夫と思ってしまい、触ってしまう方もいますが、乾燥するまで触ることは厳禁です。
このように、何をどうすれば良いか分からない場合は、あらかじめ業者に注意点を直接聞きしましょう。

□まとめ


今回は、外壁塗装の乾燥にかかる時間についてお話ししました。
目安になる乾燥時間がありますが、業者の説明があるまで塗装面を触らないようにしましょう。
当社では、工事の進み具合を職長からのレポートでお伝えします。
そのため、このように乾燥時間やその他に不安な点がある方も、安心して当社に施工をお任せください。

-リフォーム知恵ブログ
-, ,

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved.