トピックス

リフォーム知恵ブログ
2021.06.24

外壁塗装をお考えの方へ!塗料の種類ごとの耐用年数について紹介します!

「外壁塗装の耐用年数について知りたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
本記事では、塗料別の耐用年数をご紹介します。
耐用年数を伸ばす方法もあわせてご紹介しますので、外壁塗装をお考えの方はぜひお役立てください。

□塗料別の耐用年数をご紹介!

塗料の耐用年数は10年が目安です。
しかし、塗料によって耐用年数は異なります。
そのため、ここでは塗料別の耐用年数についてご紹介します。

まずは、ウレタン塗料です。
伸縮性に優れ、光沢があることが特徴の塗料です。
耐用年数は8年~10年です。

次に、シリコン塗料です。
耐用年数の長さとコストパフォーマンスの高さが特徴の塗料です。
耐用年数は10年~15年です。

次に、ラジカル塗料です。
比較的新しい塗料で、最もコストパフォーマンスに優れています。
耐用年数は14年~16年です。

次に、フッ素塗料です。
耐用年数が長く、メンテナンスの手間が省けます。
耐用年数は15年~20年ですが、その分費用がかかってしまうことは頭に入れておきましょう。

最後に、無機塗料です。
シリコンフッ素塗料に無機質な材料を混ぜ、劣化しにくくした塗料です。
元になる塗料、無機材の配合量によって品質が異なります。
耐用年数は5年~25年です。

□耐用年数を長く保つためには?

ここまでは、塗料ごとの耐用年数をご紹介しました。
ここからは、耐用年数を長く保つための工事のポイントをご紹介します。

1つ目は、環境を知ることです。
立地や地域で耐用年数は異なります。
雨や湿気が多い地域に住んでいる場合は、家の外壁周りに物を置かず風通しを良くするだけでも耐用年数が大きく変わります。
細かいところも気にしておきましょう。

2つ目は、塗料にこだわることです。
外壁塗装の耐用年数を長くさせたい場合、上記でご紹介したコストパフォーマンスに優れたものを選ぶことをおすすめします。
外壁塗装は一度のみのものではないため、長期的な目線で選ぶようにしましょう。

3つ目は、3回塗り以上することです。
外壁塗装の塗り回数は3回塗り以上がおすすめです。
耐用年数を高めたい場合は、これ以上行っても問題はありません。
ご自身の希望をしっかりと塗装業者に伝えましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装の塗料別の耐用年数についてご紹介しました。
ご自身の好みに合った塗料を選びましょう。
また、耐用年数を伸ばしたい場合は、上記でご紹介した工事のポイントを参考にしてみてください。
横浜で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

トピックス一覧

お問合せ

お問合せ