リフォーム知恵ブログ

屋根の葺替えに掛かる費用の相場は○○万円【安く抑える方法も解説】

更新日:

「屋根の葺替えの費用ってどのくらい掛かるの・・・?」
「屋根の葺替え施工する際注意することは・・・?」
「屋根の葺替えの費用を抑えたいけど綺麗にしたいわ・・・」

上記のような悩みにお答えします。

本記事では、屋根の葺替えに掛かる費用の相場と費用を安く抑える方法を解説していきたいと思います。

1.屋根の葺替えの費用相場とは

屋根の葺替えの平均相場は120万円~210万円です。

振り幅が大きいのは屋根材の種類や強度、耐久年数、屋根の張り替え面積に関係します。120万円のものでも悪いと言うことはないのですが、一番優先的に見たい部分は施行してくれる職人さんの腕でしょう。決して安い費用では無いと思いますのでしっかり考えましょう。

業者によっても値段はさまざま

屋根の葺替えの施工の「安い」「高い」は施工業者によって変わります。

それは仕方のないことで、屋根材の原価・職人の人工代・葺替え時期など、条件によって変わってくるからです。例えばスーパーに並んでいる「果物」などを想像していただくと分かりやすいかと思います。

野菜も野菜の原価・農家の人への支払い額・収穫時期などによって掛かる費用は違いますよね?それと同じように屋根の葺替え工事の費用も変わっていきます。ですのでより一層、その値段が安いのか高いのかを見極める力が大切です。

2.屋根の葺替え施工の相場が分からない問題点とは

次のような問題が発生する場合があります。

問題点➀:本来安い費用を多めに払ってしまうことがある

屋根の葺替え施工の相場が分からないと、見積もりを見たときに「高い」「安い」が分からずに契約してしまい、大切に貯めていた貯金から本来払わなくても良いお金が発生してしまいます。

問題点➁:追加料金が掛かってしまうことがある(請求)

見積もりの屋根の葺替え施工に掛かる費用がどこに掛かっているのかを理解しないと、次々に(壊れている部分などの修繕など)追加料金を請求されかねません。

問題点➂:他のリフォームに回せる資金が残る

屋根の葺替え施工は家を守るための大切なリフォームです。しかし、家のリフォームとは屋根の葺替えだけではありません。内装リフォーム・外壁塗装など、お家のメンテナンスでやりたいことは、たくさんあるでしょう。その為にも残せる資金は残しておきましょう!!

3.屋根の葺替え施工を少しでも安くする方法3選【資金を残そう】

『良い屋根材・良い職人さんで費用を安く抑えられないかしら・・・』と悩む方へ、、、結論は「出来ます!!」費用を安く抑える方法として3つお伝えするので、ぜひ確認してみてください!!

①無料メンテナンスを頼む

無料メンテナンスを頼む理由は、屋根の痛み具合によって部分的に屋根の葺替えをすれば済むかもしれないからです。

例えば、屋根に板金剥がれがおこっている場合は、そこを修繕してから屋根の葺替えをしなくてはいけません。その材料・作業分、料金も上がります。

自宅の屋根の状態を知っておくことでどのくらいの費用が掛かるのかの一つの目安となります。当社でも即日無料メンテナンスを行っておりますので気になる方は是非ご連絡下さい!!

②大手リフォーム会社ではなく地元の工務店で屋根の葺替えをする

大手リフォーム会社で屋根の葺替え施工をするのと、地元の工務店で屋根の葺替え施工をするのでは、仮に「同じ材料」「同じ職人の腕」だったとしても施工費用に大きな差があります。

それは、大手リフォーム会社は仲介手数料が掛かり、その分の費用が余分に掛かってくるからです。逆に地元の工務店は大手リフォーム会社に比べると、自社工事をしている地元工務店もあるため費用が安くなります。

なので私は地元の工務店をおすすめします。

③隣家と同じタイミングで屋根の葺替え施工をする

これは何故かというと、屋根の葺替え施工に掛かる費用の中に足場仮設費や手間代が多く含まれているからです。

同じタイミングで足場を仮設することで、場合によっては人工費用も抑えられ、隣家に面する壁の足場が一つで良いのでその分費用が抑えられます。

また同時に施工することで人工に遊びが出ないため、手間代が安くなる可能性もあります。

このように屋根の葺替え施工の費用を安く抑える方法はいくつかあり、知っているのといないとでは大きく違ってきますね!!

これが分かったあなたはもう、選び方を間違えることはないでしょう。あとは自分で気になった工務店にお問い合わせをしてみて、自分にあった工務店を見つけてみて下さいね。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2020 AllRights Reserved.