リフォーム知恵ブログ

【外壁塗装】業者の選び方+良い業者を見極める方法【覚えておこう】

更新日:

『塗装業者がたくさんあってどの業者を選べばいいか分からない・・・』
『知り合いに塗装業者がいるけど頼みづらい・・・』
『安くて綺麗に塗装してくれるところはあるかしら・・・』

上記のような悩みにお答えします。
本記事では、塗装業者の選び方と、適当に選ぶことの問題点を解説していきます。

1.どのような塗装業者を選べばいいのか

どのような業者を選べば良いかというと『良い塗装業者』です。

「そんなのあたりまえじゃん!」と思った方も多いとは思いますがこの選択が難しいのも事実です。

良い塗装業者とは塗装費用が安いだけではそれに当てはまりません。皆様も安くて買ったはいいもののすぐ壊れてしまったりして後悔したことが一度はあるのではないでしょうか。それと同じように安いだけでは選ばないのが大切です。

塗装業者を見極める方法【ポイントは5つ】

業者の見極め方を解説します。

 その①:ホームページ・チラシがある・書いている内容が多くしっかりしている

なぜこれが『良い塗装業者』の条件の一つかというと、自社がやっている内容に自信があるためです。さらにこのような塗装業者は、キャンペーンなどに力を入れている場合が多く、時期で塗装費用が安くなったりするため、お得です。

 その②:事務所の所在が明記してある・連絡先が明記してある

これは、万が一トラブルがあった時にすぐに業者側が応対させていただくためです。『良い塗装業者』は施主さまのクレームもありがたいと感じるもので、そこから顧客満足度向上のヒントを得ているのです。

 その③:営業マンが誠実、身なりがしっかりしている

これは、半数以上のお客様が「訪問営業」から外壁塗装の施工を依頼しているからです。営業マンはその業者の最初の窓口で、会社の顔とも言えます。その営業マンが誠実なら安心して、塗装を任せられますね。

 その④:足場を建てる前に近隣へ担当者がしっかり挨拶をする業者

塗装をする際は最初に足場を建てるのですが、ハンマーで金属を叩いたりするのでかなり大きい音が出ます。なのでしっかり近隣宅に足場を建てる日程を伝え、理解していただくことが大切です。

 その⑤;施工方法・材料など、契約時にしっかり明記した書類をくれる業者

施工をする際に、施工方法や材料などしっかり答えてくれる会社は信頼出来るでしょう。また保証内容もしっかりした年数を保証してくれる業者が良いです。それらが明記された書類をもらえるのも重要なポイントです。確認してみましょう。

 その⑥:職人の質(職歴・態度・腕)

外壁塗装をする上で、職人の質はかなり重要です。一概に職歴が浅い人が悪いことはないですが、職歴の長い人の方が間違いないでしょう。また、職人の態度が良いのもポイントです。契約時に施工を担当してくれる、職人の職歴を聞いてみましょう。

2.塗装業者を適当に選んでしまった場合の問題点とは

次のような問題が発生する可能性があります。

問題点①:塗装が長持ちしない可能性がある

適当に塗装業者を選ぶと、塗装自体しっかりしない業者や、塗料材質を考えずに塗装してしまう業者に当たってしまう可能性があります。

私は街を歩いていて粗末な塗装をしてしまっているお宅を見ると、とても悲しく思います。
大切なお家を守るためにも塗装業者はしっかり選びましょう。

問題点②:近隣宅へ挨拶をしなかったりして、トラブルになることがある

適当に塗装業者を選ぶと、担当者が近隣に挨拶をしなかったり、中には施主さんにも挨拶をしないでトラブルになってしまう可能性があります。

外壁塗装をするときは必ず足場を建てることになるので、業者による近隣宅への配慮が大切です。

問題点③:塗装がどの段階まで進んでいるかの連絡がなく完工日が分からない

業者を適当に選んでしまうと、担当者から連絡が来ず工事完了日が分からず、不信感を抱いてしまうでしょう。

塗装工事をするときは足場が建ち、その上からシート(養生)を掛けるので、晴れの日でも室内が暗くなってしまったり洗濯物がうまく乾かなかったりします。それ自体は外壁塗装する以上仕方のないことなのですが、工事日程が分かっていれば、安心して塗装を依頼できますね。

当社もお客様がより安心して、外壁塗装を依頼しやすいように日々精進しております。24時間ご連絡受付中ですので、分からないことがあればぜひご相談ください。
» 無料:お問い合わせはこちら

-リフォーム知恵ブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ホームインテリジェンス , 2020 AllRights Reserved.