リフォーム知恵ブログ

【外壁塗装】剥がれの原因と補修方法【あなたの家は大丈夫ですか】

更新日:

『お家の外壁に剥がれている部分がありみっともない・・・』
『外壁の剥がれってなんでおこるの?・・・』
『剥がれが起きないように予防できないのかしら・・・』

上記のような悩みにお答えします。

本記事では、外壁剥がれの原因・対策の解説をしていきたいと思います。

1.外壁塗装が剥がれている状態とは【画像で解説】

塗料が剥がれて外壁下地がむき出しの状態は下記の画像のとおりです。

外壁剥がれとは、外に塗ってある塗料が剥がれている状態のことをいいます。

この画像はサイディングボードという壁で、ボードの部分が剥がれてしまっています。外壁が剥がれている時点でメンテナンスを考えなくてはいけないのですが、ここまで外壁が剥がれているとその他の不具合も必ずあるはずなのでまずは自分の目で見て確認してみてください。

2.外壁塗装が剥がれてしまう原因とは

外壁塗装の剥がれの原因は、塗装をした際にしっかりと外壁に塗料が密着していないためです。

そうなってしまうのは、塗装した際の下地処理の不足。建物の構造上の問題があげられます。外壁塗装というのは下地処理が一番の職人の腕の見せ所と言われているくらい、大切な工程です。

後は建物の構造上の問題です。しかしこれは素人目では分からないことなので施工業者が気づくべきです。ですので、もし剥がれてしまった場合は、迷わず施工を依頼した業者に連絡してみましょう。

外壁塗装の剥がれが起こることの問題点

外壁が剥がれてしまうといろいろな問題点があります。

まずは、雨漏りの問題です。 雨漏りというと皆さん天井から水が滴ってくるイメージがあるかと思いますが、それだけではありません。壁からも雨漏りします。どのような症状になるかというと、壁にシミが出てきます。

シミが出ると、もちろん見た目も悪くなりますし、シミが出ると言うことは壁の中の木材などに水が浸透してしまっていると言うことです。そうなると壁の強度が落ちてしまい、強い地震などで崩れてしまう恐れがあり、大変危険です。

今話したとおり外壁剥がれは外からも、中からもとても目立ちます。外壁にはいろいろな悪い症状がありますがその中でもかなり目立つ方だと思います。ですので、そうならないようにしっかり外壁剥がれの原因と、そうならない為の対策をしっかり考えましょう。

3.外壁塗装が剥がれてしまった場合の対策2選

ここからが本記事の本題です。この記事を見ていただいている方は外壁の剥がれでお悩みのことでしょう。なので外壁が剥がれてしまった場合の対象法を解説していきます。

その①:施工してもらった業者に再塗装をしてもらいましょう

先ほども話したように外壁剥がれの責任は施工業者にある場合が多いです。なので一度施工業者に連絡してみましょう。

料金が発生せずに直してくれる場合が多いです。その塗装業者に再塗装をお願いしたくない方は次を見てください。

その②:DIYによる補修方法

これは再塗装を依頼するより手間が掛かりますが、自分で行えるので信頼は出来るでしょう。それにやってみると意外に楽しいです。

 DIYでの補修方法

  • 1. 壁の油分をしっかりと取り除く。(洗剤でしっかり洗ってください)
  • 2. ホームセンターなどで充填剤を買い、ヘラなどで慎重に伸ばして平らにする。
  • 3. 剥がれた外壁が充填剤で完全に埋まり乾くのを待つ。
  • 4. 同じ色の塗料で塗装を行う。

外壁のメンテナンスは皆さんがお肌のケアをするのと一緒で、一度悪くなってしまうと時間もお金も余分に掛かってしまい、損をしてしまいます。その外壁メンテナンスの中でも、重要なのが外壁剥がれです。外壁剥がれは一目で分かりますので、一度ご自宅の外壁をチェックしてみてください。

「再塗装を依頼したくない」「DIYもなんだか面倒」という方は一度当社にご相談ください。
8月・9月は特に雨漏りが多い時期なので、かなりお得に剥がれ補修が出来ます。話だけでも聞いてみたい。というかたも大歓迎ですのでよろしくお願いいたします。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2020 AllRights Reserved.