リフォーム知恵ブログ

横浜で外壁塗装工事をしても雨漏りが直らない理由とは?

更新日:

「雨漏りが発生して外壁塗装を検討しているが、本当に直るのか」
このような疑問を持たれる方も多いでしょう。
実際、外壁塗装工事を行っても、雨漏りが直らない可能性もあります。
今回は横浜の外壁塗装業者の当社が外壁塗装工事を行っても、雨漏りが直らない原因についてご紹介します。

□外壁塗装をしても雨漏りする理由とは

お客様の中には、雨漏りの補修のために外壁塗装を検討される方もいらっしゃいます。
確かに、外壁のひび割れなど外壁の不備が原因で雨漏りしている場合は、外壁塗装を行うことで雨漏りの問題を解決できるでしょう。
しかし、雨漏りが外壁以外の部分から発生している場合は、外壁塗装では雨漏りの問題は解決されないでしょう。
では、このような状況ではどこに原因があるのか、その一部をご紹介します。

1つ目に考えられる原因は、屋根によるものです。
外壁にひび割れがあったため、外壁塗装を行ったが実際の原因は屋根にあったというのはよくあるパターンです。
屋根に原因がある場合は、瓦のひび割れ、スレートの損傷、防水シートの劣化が考えられるでしょう。
瓦のひび割れや、防水シートの劣化は、屋根の経年劣化により発生しやすいです。
建物の築年数が長い場合は、屋根の確認もできる限り行いましょう。

2つ目に考えられるのは、塗装の継ぎ目や下地の問題です。
実は雨漏りの原因が外壁の不備にあったとしても、外壁塗装では解決が難しい場合もあります。
外壁の下地のひび割れによる防水シートの腐食やシーリング材の劣化によって発生した壁材間の継ぎ目の隙間から雨漏りが発生している場合もあるでしょう。
このような状況では、外壁塗装の他に防水シートの交換やシーリング材の充填が必要でしょう。

□業者を呼ぶ前に何をするか

雨漏りが直らない場合には、業者に依頼していただくのがおすすめですが、その前にやっておきたいことがあります。
それは、雨漏りの症状の確認です。
どこから雨漏りをしているのか、どのように雨漏りをしているのかなるべく詳しい状況を把握しておいてください。

また、建物の状況も業者に伝えるためにはっきりとさせておきましょう。
建物の築年数や、シロアリによる被害等の状況を業者の方に伝えてください。
状況が分かるデータが多いほど、解決しやすくなるでしょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装工事を行っても、雨漏りが直らない原因についてご紹介しました。
雨漏りの原因は屋根にもあるかもしれない点について知っていただけましたか。
正しく建物の状況を理解するのが解決への近道でしょう。
もし、外壁塗装に関してお困りの点がありましたら当社までお問い合わせください。

-リフォーム知恵ブログ
-, ,

Copyright© ホームインテリジェンス , 2020 AllRights Reserved.