リフォーム知恵ブログ

横浜で外壁塗装を検討中の方へ!断熱性能の重要性を解説します!

更新日:

外壁塗装を検討されている方で、「断熱性能」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。
しかし、断熱性能とはどんな効果があるのか、わからない方もいらっしゃるでしょう。
外壁塗装における断熱性能は、快適に暮らすために重要なものです。
そこで今回は、断熱性能の重要性についてご紹介します。

□断熱塗装とは

そもそも、断熱塗装とは、断熱塗料を使用して行う外壁塗装のことです。
断熱塗料は、熱伝導率が低いため外気が住宅に入りづらく、住宅の熱を逃げにくくする効果があります。
断熱材が入っている住宅でも、夏は日光で家の中が暑くなってしまうというお悩みをお持ちの方は、断熱塗装をすると良いでしょう。

また、類似した用語で遮断塗装と呼ばれるものもあります。
遮断塗装とは、太陽の光を住宅の中に入らないようにする効果があります。
しかし、断熱塗装のように住宅の熱を逃げにくくする効果はないため、その違いに注意しましょう。

□断熱塗装のメリットとは

*外気温の影響を受けにくいこと

断熱塗装を行うことで、外気温の影響を受けにくくなり、室内の温度を一定に保てます。
熱は壁から出入りしているため、断熱性能が低いと外気温の影響を大きく受けてしまうでしょう。
また、近頃は暑い日が続いており、熱中症の心配がありますよね。
断熱性の高い外壁塗装を行うことで、室内の温度上昇を緩やかにし、熱中症を予防できます。

*省エネになること

断熱性能の高い住宅では、冷気や暖気を逃しにくいため、エアコンなどの冷暖房器具の使用を最小限に抑えられます。
そのため、電気代が節約でき、結果的に省エネになります。
光熱費がかさむ夏・冬の時期に、冷暖房器具の使用を減らせるでしょう。

*ヒートショックの予防につながること

ヒートショックとは、気温の急激な変化により、血圧が変動し心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすことを指します。
特に寒い時期に起こりやすく、高齢の方がいるご家庭では注意したいですね。
断熱塗装で断熱性能を高めることで、室内の温度を一定に保てるため、ヒートショックの予防に最適です。

□まとめ

今回は、断熱性能の重要性についてご紹介しました。
熱中症が増えるこの時期に大きな効果を発揮してくれる断熱性能を、検討してみてはいかがでしょうか。
当社は横浜市にて、クオリティとスピードにこだわった外壁塗装を行っております。
横浜市での外壁塗装をお考えの際は、ぜひ一度当社までお問い合わせください。

-リフォーム知恵ブログ
-, ,

Copyright© ホームインテリジェンス , 2020 AllRights Reserved.