リフォーム知恵ブログ

横浜で外壁塗装をお考えの方へ!外壁塗装の防水機能について解説します

投稿日:

外壁塗装の目的はご存じですか。
見た目を良くするだけでなく、家を守るうえで重要な役割を果たしています。
今回は、その中でも防水機能について横浜の業者が解説します。

□塗料の防水機能について


外壁塗装の目的の1つとして、防水機能があります。
そのことについて詳しく見ていきましょう。

外壁材のモルタル材やサイディング材自体の防水性は低いため、水が染み込みます。
水分を吸収すれば外壁材は膨張し、乾燥すれば収縮するため、体積の変化が起きます。
これを繰り返すことで、外壁材はもろくなっていくでしょう。

また、寒い日に吸収した水分は凍るため、外壁材の破壊が進みます。
さらに、固体の氷は染み込んだ部位を大きく裂くため、クラックや外壁の剥がれにつながるでしょう。

このように、防水をしなければ壁材の劣化が進みます。
そのため、防水機能がある塗料を使う必要があります。

□防水機能の見極め方


外壁塗装の防水機能が必要なことは、お分かりいただけたでしょう。
では、どのようにして外壁の防水機能の低下を見極めるのでしょうか。
次に紹介する症状が見られた場合は、外壁の防水機能が低下している可能性があるため、業者に相談することをおすすめします。

まず、外壁を見てみましょう。
色あせや表面の汚れはありませんか。
色あせは、塗膜の劣化が原因であるため、メンテナンスを検討しましょう。
また、外壁に目立ったホコリやカビはないかを確認し、あった際は塗膜の劣化による雨漏りが発生していないかを点検してもらいましょう。

次に、外壁を触ってみてください。
手で触ってみて、白いチョークのようなものがつくチョーキング現象は起こっていませんか。
塗膜が完全に劣化しているサインのため、防水機能が低下しています。
そのため、早めにメンテナンスを行いましょう。

さらに、表面の状態として、塗料の剥がれやクラックはありませんか。
塗料の剥がれは非常に危険な状態であり、いつ雨漏りが発生してもおかしくない状態です。
また、目に見えるクラックがある場合にも、雨漏りの可能性があります。
このような状態の際には、建物の劣化の進行をさらに早めるため、早急に業者にみてもらうことをおすすめします。

□まとめ


外壁塗装の目的として、防水機能を説明しました。
雨漏りや建物の劣化につながるため、紹介したようなサインが見られた際は、業者に相談しましょう。
横浜にお住まいの方で、外壁塗装をお考えの方はいらっしゃいませんか。
検討中の方は、ぜひお気軽に当社にご相談ください。

-リフォーム知恵ブログ
-, ,

Copyright© ホームインテリジェンス , 2020 AllRights Reserved.