リフォーム知恵ブログ

日本ペイント「クリスタルアートUV」の高意匠性をご覧ください【機能や見た目を詳しく解説】

更新日:


皆さんこんにちは。ホームインテリジェンスブログ担当のてっちゃんです!

最近てっちゃんはパスタにハマっているのですが、ペペロンチーノたらこパスタが

一番おいしいと思います!そして、パスタのソースは高ければおいしいっていうわけじゃないんです。。

いろいろなソースを試した結果、安い方のソースにめちゃめちゃおいしいソースを見つけちゃったんです!

やはり、リフォーム店などと同じで、安すぎても高すぎてもそこに理由が無ければ意味が無いことに気付いたてっちゃんでした。

さて、今回は日本ペイントから発売されている「クリスタルアートUV」について、ご紹介・解説していきます。

当社ホームインテリジェンスもよく使用する塗料ですので、どうぞ参考にしてみて下さい!

1.日本ペイント「クリスタルアートUV」とは


まず、「クリスタルアートUV」とは水性高意匠光輝性フレーク塗材です。

これは、上塗り塗料のなかに様々な形、色のフレークが入っている塗料の事をさします。

その中でも、この「クリスタルアートUV」は様々な機能があり、とても塗装しやすく

高性能な塗料となっています。

もともと、高意匠な外壁で、石調などの外壁の場合、その上に同じような素材の塗料を塗装してしまうと外壁塗膜が割れやすくなってしまいます。

そんな時に、このクリスタルアートUVはシリコン系塗料ですので、そのような外壁に塗装しても割れにくく、長い耐候性を実現できます。

また、「クリスタルアートUV上塗り材」は万能ガンでの吹きつけの塗装となりますので、満遍なくフレークが行き渡り、綺麗な外壁へと

生まれ変わります。

ここで細かい性能・機能についてご紹介していきます!

2.日本ペイント「クリスタルアートUV」の細かな性能・機能


見た目が綺麗なためそれだけで選ばれがちなこの塗料ですが、機能の方はどうなのでしょうか!

少し見ていきましょう。

➀高意匠性

上塗りには光輝性透明顔料と光輝性着色顔料をさまざまな大きさでブレンドしています。

クリヤー層に侵入した光が層内で乱反射することで、表面の光輝性と多彩な色合いを表現します。

➁高耐候性

上塗りはアクリルシリコンの高耐候性樹脂を採用。塗膜劣化因子となるラジカルを補足する光安定剤を配合することで、フッ素グレード同等の耐候性を発揮します。

➂省工程

専用下塗りを採用することでシーラーレス塗装が可能となり、最短2工程で施工が完了します。

➃水系

環境に配慮した水性仕様です。

➄防藻・防かび性

藻やかびの発生を塗膜で抑制します。

➅低汚染性

塗膜表面を親水化し、汚染物質の付着を抑制します。

➆微弾性機能

専用下塗りとのセットで微弾性の塗膜となり、旧微弾性塗膜に追従することができます。

と、こんな感じの機能です。

見て頂いて分かるとおり、正直な感想を言うとすれば、機能面については日本ペイントシリコン系塗料に値するので、

耐候性・耐久性は他のラジカル系やフッ素系と比べるとそこまで良いとは言えないでしょう。

しかし、外壁塗装の塗装工程は大半の塗料が「3回塗り」か「4回塗り」が必要な中、この「クリスタルートUV」は「2回塗り」で済みますので

工期が短くなります。会社の裏側の話になりますが、工期が減ることによって、職人の人工が減るため、必然的にお客様に見積りを出す際に

通常よりも安い値段で提案することが出来ます。

なのでこの塗料を選ぶメリットとしては、「見た目が綺麗で、高意匠性が高い」「2階塗りで済むため人工が掛からず費用が少し安くなる場合がある」

という2点でしょう。

3.「クリスタルアートUV」と他塗料比較表

塗料別耐用年数比較表
ナノシリコンW(水谷ペイント) 10年~12年
クリスタルアートUV(日本ペイント) 10年~12年
プレミアムシリコン(エスケー化研) 10年~15年
ファイン4Fセラミック(日本ペイント) 15年~20年

上記で書いたとおり、耐用年数はそこまで長くありません。

他社製品の水谷ペイント「ナノシリコンW」と同程度の耐用年数です。

4.「クリスタルアートUV」と他社料金比較表


当社ホームインテリジェンスで施工した際の、料金比較表です。

住宅の平米数、形、工期期間などによって料金は変わりますので、あくまで目安としてご覧ください。

塗料別料金比較表
ナノシリコンW(水谷ペイント) 700,000円~900,000円
クリスタルアートUV(日本ペイント) 850,000円~1,000,000円
プレミアムシリコン(エスケー化研) 800,000円~980,000円
ファイン4Fセラミック(日本ペイント) 900,000円~1,100,000円

と、このように見た目が美しく、高意匠性がある分、職人の腕によっても塗装の出来上りがかなり変わってきますので、水谷ペイント「ナノシリコンW」などよりかは

どうしても、価格が少しだけ上がる場合が多いです。

ですが、場合によっては吹き付け塗装の方が、人工が掛からないことがあるため、その戸建て住宅の形によっても違います。

ですので、もし気になった方は、お近くの工務店に聞いてみましょう!

5.ホームインテリジェンスの「クリスタルアートUV」を使った塗装


この塗料は最初にも書いたとおり、中にフレークが入っているため、塗装にムラがあると目立ってしまい、

せっかくの美しい塗料が台無しになってしまいます。

実際街を歩いていても、「せっかく綺麗な色を使ってるのに。。。」と思ってしまうお宅も中にはあります。

そうならないためにも、腕の良い職人がいる工務店にお願いすれば間違いないです。

しかし、良さそうな工務店があっても、そこに良い職人が居るかどうかなんてわかりっこありませんよね?

そこで1つの判断基準となってくるのが、塗装技能士の資格です。この資格の1級を取得している職人であれば

ある程度信頼出来る、「知識」「技術力」があると思って間違いないでしょう。

1つの判断材料にしてみて下さい。

当社ホームインテリジェンスは職人全員資格を取得しています。

是非ご興味のある方はご連絡下さい。

「クリスタルアートUV」のお見積はこちらから

-リフォーム知恵ブログ
-, ,

Copyright© ホームインテリジェンス , 2020 AllRights Reserved.