ブログ

思い立ったが吉日!?リフォーム補助金が使えます!【市区町村が補助してくれる補助金について超簡単に説明します!】

投稿日:


みなさんこんにちは!ホームインテリジェンスブログ担当のてっちゃんです。

今日のタイトルは『リフォーム補助金』です!

リフォームの内容によっては、お住まいの自治体から補助金が出るって知ってましたか!?

「補助金が出るなんて知らなかった。。。」なんて人は、この記事を読んで是非活用して下さいね!

それでは簡単に説明していきます!

1.リフォーム補助金とは

リフォーム補助金とは大きく分けて3つのリフォームにお住まいの自治体から支給される補助金です。

なんのリフォームでも支給されるわけではないのでそこだけ気をつけて下さい!

では、その3つとは何かというと

➀バリアフリー化・介護リフォーム

手すりの取り付けや、高齢者野方でもお手洗いがしやすいようにするトイレのリフォームなどには補助金が支給されます。

ただバリアフリーなら何でも支給されるのではなく、要介護者認定を受けていないと補助金は支給されないのでご注意を!

また、介護リフォームの補助金については介護保険の申請方法について詳しく説明します!【あんなリフォームも保険でできる!?】で詳しく説明していますので

合わせてご覧ください!

➁省エネ化や太陽光発電などのリフォーム

この項目で太陽光発電の補助金などは知っている方もいると思いますが、実は他の省エネ化に対する補助金も支給される場合があるんです。

これは本当に知らない人が多いので、要チェックです!

たとえば、従来使っていた給湯器から、省エネの給湯器に帰る場合などは補助金がでます。(自治体によって違うのでお住まいの自治体のホームページなどを確認してみて下さい)

なんとその額『5万円~20万円』まで補助金でまかなえちゃうこともあるんです!これは使わない手はない。。。あと蛍光灯などがある場合、LED照明にする時なんかも

助成金が出ちゃいます。

➂耐熱・耐震リフォーム

最近建てられている住宅では最初から、耐熱・耐震が入っている住宅も増えて来ましたが、何十年も経っている住宅だと入っていない場合もあります。

そんな住宅に住んでいる方の為にこの補助金は支給されます。何があるか分からない今のご時世、この2つのリフォームは安全面を考えてやっておいた方が安心でしょう。

ただ、この➀・➁は各自治体で1年間の予算が決められていますので、期間内であっても予算が終了次第補助金をもらえなくなってしまいます。

なので、気になったり、リフォームを既に検討している方は早めに行動した方が良いかもしれません!

1point 通常のリフォームでも補助金が出る場合がある

そうなんです。お風呂のリフォーム・キッチンのリフォーム・リビングのリフォーム。やりたい方も沢山居るはずです。

なんと、自治体によっては、この通常のリフォームにも補助金が支給される場合があるんです!

その額なんと、、、『5万円~10万円』!めちゃめちゃ大きいですよね!僕もこの話を聞いた時にビックリしちゃいました!

その5万円~10万円の資金で他のリフォームだって出来ちゃいますし、リフォーム以外で養育費なんかにも使えちゃうわけです!

ただ条件として『お住まいの地域にあるリフォーム店での施工』というのが条件でついている場合が多いです。

なので信頼出来るリフォーム店があれば尚良しですね!

ちなみになんで通常のリフォームでも補助金が出るのかというと、地域にお金を落とすことで活性化につながる。というのが目的だそうです!

2.リフォーム補助金の申請方法

リフォーム補助金の申請は依頼したリフォーム業者が代行してくれることが多いです。

ただ、補助金の申請をあまりしたことがない業者があることや、自分で書く書類なんかもあるため、一応流れだけでも知っておいた方が安心でしょう。

また申請のタイミングですが、リフォーム内容によって『施工前』か『施工後』かが変わって来るので、出来れば詳しい業者に依頼することをおすすめします。

➀リフォーム業者に工事を依頼する

リフォーム業者を調べて、気になったところにリフォームしたい内容を伝えて現場調査に来てもらいます。

その時に助成金の申請を行いたい旨を伝えましょう!経験が豊富な業者ですと、その時点で申請が『施工前』なのか『施工後』なのか判断してくれるでしょう。

➁リフォーム補助金の申請を行う(要施工前申請の場合)

この場合注意しなくてはいけないのが、施工前申請が必要な場合工事をしてしっまった後では補助金が支給されませんので、

必ず確認したから行うようにして下さい。

➂リフォーム工事を始める

申請が終わったら、いよいよ工事開始です!補助金の内容によっては、「〇月〇日までに工事を完了して下さい」というアナウンスがでますので

それを過ぎてしまうと補助金が受け取れなくなってしまいます。

なので、リフォーム業者に完工の遅れがないかをチェックしておいた方が安心です。

➃リフォーム工事完了報告

リフォームがすべて完了したら、施工した業者から自治体に対して完了報告を行います。

また、補助金支給には1ヶ月~半年くらいまで時間がかかるものもありますので注意して下さい!

3.信頼出来るリフォーム業者を選ぶこと

今まで記事を読んだ人は分かると思いますが、補助金を受けるには、リフォーム業者との連携と協力が必要です。

なので工事に入る前や、補助金申請を行う前に、良く検討し話し合うことが重要です。

業者の選び方については【外壁塗装】業者の選び方+良い業者を見極める方法【覚えておこう】で紹介していますので、是非合わせてご覧ください。

分かりやすく書いたつもりですが、もし分からないことがあれば直接お答えいたしますので、是非ご連絡下さい!

それでは次のブログで会いましょう!

→雨どいのゆがみや雨漏り、屋根の修理などの場合は保険が適用される場合があるので少しでも気になればご連絡ください!

LINE@でも完全無料個別相談受付中【☆豪華特典付き☆】

-ブログ

Copyright© HOME INTELLIGENCE , 2019 AllRights Reserved.