リフォーム知恵ブログ

工事中に雨が降った場合どうなる?外壁塗装をお考えの方へ解説します!

更新日:

横浜で外壁塗装をお考えの方に向けて、今回は雨が降った場合、外壁塗装の工事にどのような影響を与えるのかをご紹介します。
雨が降った場合のことも考えて、外壁塗装の工事は進めていく必要があります。
気になる方はぜひ参考にしてみてください。

□雨が降った場合の外壁塗装工事への影響とは?

まず、雨の日に外壁塗装の工事を行うとどうなるのか、ということについてそれぞれみていきましょう。

基本的には、雨の日に外壁塗装の工事はできません。
国土交通省公共建築工事標準仕様書や塗料メーカーのカタログには、「気温5度以下、湿度85%以上の場合は塗装を避けるようにした方が良い」といった記載があります。
湿度が85%以上の場合は、塗料の変色や塗膜の形成不良などを引き起こす可能性があるからです。
外壁塗装工事には水性の塗料が多く使われることも、雨の日に工事を行うことができない理由の1つです。

また、工事中に雨が降った場合も塗装工事に大きく影響します。
具体的には、塗料が雨で流されてしまうことや、ひび割れや劣化などが雨によって引き起こされることがあります。
また、塗料に雨が落ちて、仕上がりがまだらになってしまう場合や、光沢が低下してしまうこともあります。

そして、塗装をする業者の方は、雨が降る日を事前に想定して工事を行う期間を決めています。
しかし雨が続いてしまうと、どうしても想定していた期間以上に時間がかかってしまう場合があります。
そのため、工事を行う期間は梅雨の時期などはできるだけ避けて計画を立てるようにすると良いでしょう。

□雨から外壁塗装を守るために注意すべき点について解説します!

次に、雨から外壁塗装を守るために気をつけるべきことについてみていきましょう。

まずは、外壁塗装中の雨は避けられないという認識を持つことです。
気象庁によると、大雨や竜巻などの発生件数は統計を取り始めて以来、増加傾向にあるという状況にあるそうです。
つまり、外壁塗装中の大雨などは避けられないものであると考えておいた方が、うまく工事が進められることが言えます。

また、工事をしてもらう業者の方を慎重に選ぶことも大切です。
特に、雨が降った時にしっかりと対応できるかどうかが選ぶ際のポイントになります。

□まとめ

今回は、横浜で外壁塗装をお考えの方に向けて、雨が降った時に外壁塗装の工事はどうなるのか、ということについて解説いたしました。
外壁塗装中に雨が降った場合の認識など、知識が深められたのではないでしょうか。
横浜で外壁塗装をお考えの方はぜひ1度当社へご相談ください。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.