リフォーム知恵ブログ

外壁塗装中は空き巣に注意!防犯対策のポイントをご紹介します!

更新日:

横浜で外壁塗装をご検討されている方はいらっしゃいませんか。
実は、外壁塗装中は空き巣の被害に遭いやすい時期でもあるのです。
そこで今回は、外壁塗装中の防犯対策についてご紹介します。
また、外壁塗装中の家が空き巣に狙われやすい理由についてもご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

□外壁塗装中の家が空き巣に狙われやすい理由とは?

1つ目の理由が「足場」です。
外壁塗装の工事を行う際、2階部分や屋根を塗装するために足場を組みます。
この足場は家全体を囲うように屋根付近まで組み立てられますが、実は誰でも容易に登れるのです。
そのため外壁塗装中は、通常困難な2階からの侵入が足場によって可能となってしまいます。

また、足場は工事開始から終了まで全体を通して設置されているため、その危険が長期間続きます。

2つ目の理由が「養生」です。
通常の塗装工事では、足場を組んだ後にシートで家を覆う養生という作業を行います。
この養生は塗料が周囲に飛び散らないように保護するという重要役割を果たすため、塗装工事には必須の工程です。
しかし、この養生によって足場が隠れるため、足場に人がいても気づきにくくなってしまうのです。

足場で2階からの侵入が容易になることに加え、この養生によって足場にいる人が見えづらくなり、犯人からすると好都合な環境となってしまうわけです。

□外壁塗装中の防犯対策をご紹介!

1つ目が、戸締まりをしてカーテンを閉めることです。
戸締まりをしっかりすることは基本ですが、最も重要な対策です。
1階のベランダや窓はもちろん、2階の窓も必ず施錠しましょう。
施錠だけで不安だという方は、窓サッシに取りつけて固定するウィンドウロックを利用するのがおすすめです。

また、盗撮の被害にも遭いやすくなるため、防止策として全てのカーテンを閉めるようにしてください。

2つ目が、足場の出入り口に扉と鍵をつけることです。
足場の出入り口に扉と鍵をつけることで、関係者以外の侵入が防げます。
出入り口を塞いでしまえば空き巣の侵入は難しくなるのでおすすめです。

3つ目が、防犯装置を設置することです。
防犯用のセンサーライトやカメラなどの防犯装置を利用するのも一つの手でしょう。
しっかり対策しているというアピールをするだけでも、十分な防犯対策となります。

□まとめ

今回は、横浜で外壁塗装をご検討されている方に向けて、外壁塗装中に空き巣に狙われやすい理由についてご紹介しました。
また、外壁塗装中に行いたい防犯対策についてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.