ブログ

外壁塗装・屋根塗装の施工工程表をそのまま載せながら説明してみました!

更新日:

今回は当社が使っている外壁塗装工程表(写真)を交えながら詳しい施工工程について書いていきたいと思います!

目次

➀足場 組立    (1日目)

➁洗   浄    (2日目)

➂養   生    (3日目)

➃下 塗 り    (4日目)

➄中 塗 り    (5日目)

➅上 塗 り    (6日目)

➆付帯部塗装    (7日目)

➀足場組立(1日目)


さぁ外壁塗装工事の始まりです!まず最初は足場の組み立てから入らせて頂きます。時間にして4時間~6時間ほどで組立は完了いたします。

1日目はこれで終了です!

➁洗   浄(2日目)



2日目の工程は洗浄です。洗浄をしっかり行わないと、塵やホコリによりうまく塗料が載らない場合がありますので隙間無くしっかり洗浄していきます!

当社は洗浄時にお洗濯ものなどがないか確認し、あった場合は水や汚れがつかないように取り込んで頂いております。

3日目に参ります!

➂養   生(3日目)




続いては養生作業です。付帯部や窓枠などにペンキがつかないよう慎重に保護していきます。

ここも塗装職人の腕の見せ所でこの作業が綺麗に出来ると、塗装した際の仕上がりの見栄えが良くなります。

これで3日目は終了です。4日目に参りましょう。

➃下 塗 り(4日目)



続いて下塗り作業に入ります。下塗りは、次の工程の中塗りをする際に色が乗りやすい色を塗っていきます。

ここで注意する点は、塗料を塗る際の厚さです。多すぎても少なすぎても駄目で特にモルタル素材の壁は職人の腕がないと綺麗に仕上がりません。

さらにこの壁は凸凹があるので、繊細な塗装技術が必要です。

ちなみに塗装作業の場合、雨が降ってしまうと塗装が出来ず作業が延期になってしまいますのでご注意下さい。

➄中 塗 り(5日目)



続いては中塗り作業です。ここから完成の色にグッと近づくので、家に変わった印象が出てきます!

ここでは塗り残しや厚みが出過ぎないように注意します。よく街を歩いてて気になるのが、塗料が厚すぎて見た目が変に腫れぼったくなっているお宅です。

塗料の種類も大事ですが、それ同じくらい職人の腕も重要なのです。

続いて6日目です!

➅上 塗 り(6日目)



外壁の塗装の最終作業です。全体の厚み、色合いなどしっかりみて塗装していきます。色合いなどが中塗りの色と同じなので、塗り残しがないように縫った部分などをメモし徹底してます!

ここまで来るとほぼ完成なので、気分も高まりますが、最後の行程が待っています!

➆付帯部塗装(7日目)

ついに最後の行程です!雨樋や縦樋。窓枠などを丁寧に塗装していきます。意外と付帯部の色合いでお家の印象が変わったりもするので、色選びは楽しく実際の色をお見せしながら考えて頂きます。

さぁ出来上りはどのようになっているのでしょうか。。。

完成です!!

と、こんな感じでスムーズに行けば最後に足場解体をして約9日間~12日間くらいで外壁塗装工事は完了いたします!

色選びなどの日にちは含めていませんので注意が必要です。スムーズに行きたい場合は外壁塗装をご注文頂く前に色を決めておくと良いかもしれません!

ちなみにこのお宅は調色で作った色なので、具体的な色の画像なんて有るととてもありがたいです!

今回撮影に協力して下さった【竹原様】の工事完了アンケートはこちらに載せてあるので是非ご参照下さい!→竹原様邸アンケート
お問い合せはLINEでも出来ます!「外壁塗装をどこに頼めば良いか分からない。。。」などなんでも質問お待ちしています!→LINE相談

-ブログ

Copyright© HOME INTELLIGENCE , 2019 AllRights Reserved.