リフォーム知恵ブログ

外壁塗装を検討中の方へ!塗装のタイミングを判断する方法を紹介します!

更新日:

外壁塗装をするかどうかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装には工事をする適切なタイミングがあります。
そこで今回は、横浜の塗装会社が外壁塗装が劣化してしまう原因と工事の適切なタイミングについて解説します。

□外壁塗装が劣化してしまう原因とは?

外壁塗装を行う適切なタイミングを知るためには、まず外壁が劣化してしまう原因を理解する必要があります。

外壁が劣化してくると雨漏りなどが起こりやすくなり、住宅の寿命を縮めてしまう原因になります。
そのため、外壁の劣化の原因を理解して早めの対策をする必要があります。

外壁塗装の最も大きな劣化の原因は、太陽光と雨風です。
太陽光は紫外線と熱により、外壁の塗料の樹脂を破壊し劣化させてしまいます。
また、雨や強い風も同様に外壁の塗装を劣化させる原因の1つです。

また、先ほど紹介した通り外壁が劣化すると防水機能が低下するので、住宅への浸水が起こる可能性があります。
住宅への被害を防ぐためには早めに外壁を補修する必要があるのです。

では、具体的にまず何をする必要があるのでしょうか。
まずは、塗装会社の診断を受けましょう。
外壁の劣化を感じた場合はプロの目で見てもらうことをおすすめします。
劣化を早期に発見することで、工事が長引くリスクを抑えられます。

□外壁塗装を行うタイミングを見定める方法について

ここからは、外壁塗装を行うタイミングを見定める方法を紹介します。
それは、劣化のサインを見逃さないことです。
ですが、外壁の劣化のサインに関してよく知らない方もいるでしょう。

劣化のサインとして以下の例が挙げられます。

・雨漏り
・ひび割れ
・塗膜の剥離
・チョーキング

ひび割れはクラックと呼ばれ、大きなクラックの場合外壁の塗装部分だけではなく、外壁材がひび割れしている場合があるので早急に対処する必要があります。
また、塗料の層である塗膜の剥離が起こっている場合は、外壁を保護する機能が失われている可能性が高いので注意してください。

さらに、外壁を触ると白い粉が付着する場合も注意が必要です
これはチョーキングという現象で、塗装から約10年程度で発生します。
チョーキングの発生は早急に補修が必要な状態ではありませんが、そろそろ外壁塗装を検討する必要があるサインと言えるでしょう。

□まとめ

今回は外壁塗装が劣化してしまう原因と工事の適切なタイミングについて解説しました。
外壁の劣化のサインについてご理解していただけたのではないでしょうか。
本稿で紹介した劣化のサインが現れたら、なるべく早く外壁塗装を行いましょう。
外壁塗装に関するお悩みがございましたら、当社にご相談ください。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.