リフォーム知恵ブログ

外壁塗装をされる方必見!外壁塗装の雨漏り対策をご紹介

更新日:

「外壁塗装にはどんな種類があるのだろう」
外壁塗装をお考えの方の中には、このような疑問をお持ちの方は少なくないでしょう。
そこで今回は、雨漏り対策にフォーカスして、外壁塗装をするメリットを解説します。

□雨漏りの原因を紹介します!

建物の外壁には至る所に雨漏りを起こす可能性が潜んでいます。
場所によって、補修方法や今後の対策も変わってくるのでまずは原因を特定しましょう。

まずよくあるのが、シーリング材の劣化による雨漏りです。
壁と壁や、壁と窓のつなぎ目を埋めているゴム状のシーリング材が弾力性を失い、隙間ができることでそこから水が浸入してくるケースです。

また、モルタルの外壁だと外壁のひび割れによる雨漏りも多いですし、窯業系サイディングの外壁だと、変形による傷や、くぎの抜けた穴などから雨水が浸入しやすいです。

セルフチェックが不安な場合は、専門業者に依頼するのも一つの手です。
当社は、完全無料で外壁診断を行っていますのでぜひご相談ください。

□外壁塗装による雨漏り対策を解説します!

外壁塗装は外観をきれいにするだけでなく、雨や日差しから住まいを守ります。

*外壁塗装はとても重要!

もとの外壁は水に弱いのですが、外壁塗装で壁をコーティングすることで防水性を持たせています。
したがって、外壁塗装が劣化すると壁の内部に雨水が入り込み、結果として部屋の中まで到達する雨漏りに発展します。

初期の段階で塗装を行ったり、ひび割れを防いだりできれば、費用も被害も最小限に抑えられます。
外壁塗装と同時に、つなぎ目など弱い部分の補修も行って建物の防水機能を維持するようにしましょう。

*防水効果が高い塗装材を紹介します!

1つ目は、ウレタン樹脂です。
この素材の特性は、柔らかく伸縮性があり、密着度が高く、またどのような外壁の表面にも塗りやすいことです。
よって、この素材でしっかり重ね塗りを行うと、耐久性のある防水層を作れます。
ウレタン樹脂塗装は古くからあり、熟練の職人も多いため短期間で作業が完了しますし、値段もシリコン樹脂より安いため雨漏りの応急処置に向いています。

2つ目は、FRPです。
FRPとは、「ガラス繊維強化プラスティック」です。
名前の通り、硬質の塗膜を作る性質があるのでベランダの防水加工にもよく使われます。

メリットは、高い防水効果が長く続くことと、工事が短期間で済むことが挙げられます。
一方、硬いゆえに地震などの揺れでヒビが入りやすかったり、施工時の臭いが気になったりすることもあります。

□まとめ

今回は、外壁塗装をされる方に向けて外壁塗装の雨漏り対策をご紹介しました。
当社は、仲介業者を挟まずに施工を担当するので費用をお安くできます。
外壁塗装をご検討中の方はぜひご相談ください。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.