リフォーム知恵ブログ

外壁塗装をお考えの方へ!足場を組み立てるために必要な時間について解説します!

更新日:

「外壁塗装にはなぜ足場が必要なのだろう」
「足場を組むのにどのくらいの時間がかかるのだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、外壁塗装で足場を組むのにかかる時間や必要性をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□足場の組み立てと解体にかかる時間はどのくらい?

外壁塗装を行う際には、足場を組み立てる必要があります。
足場の組み立てにはどのくらいの日数がかかるのか知っておくと、工事計画の理解もしやすいでしょう。
ここでは、足場の組み立てと解体にかかる時間をご紹介します。

一般的な2階建ての住宅の場合、足場の組み立ては1日、解体は半日程度かかります。
解体にかかる時間は組み立てる際の半分程度が目安です。

解体した足場の材料は、車両に積み込んで搬出します。
そのため、半日で工事前の状態に戻るでしょう。
意外と短時間で済むとお思いになった方も多いのではないでしょうか。

しかし、これはあくまで目安であり、敷地の広さや、隣の家とのすき間、道路と敷地に高低差がある場合など建物の立地条件によって時間は変わります。
このことを頭に入れておきましょう。

□足場はなぜ必要?

外壁塗装を行う際は、まず足場の組み立て工事をします。
足場は、養生や高圧洗浄、下地処理、塗装など、一連の作業の安全性と施工品質を維持し続けるのに大切な役割を持ちます。
足場の重要性について3つご紹介します。

1つ目は、足場は高所での作業を安定させることです。
足場を組むことで、建物の周りの空間を作業スペースにできます。
作業スペースが増えると足元が安定し、ハケやローラーを使う際でも手元が狂いにくくなります。

2つ目は、現場の安全性を高めることです。
足場があると、職人の体勢が安定しやすくなり、落下事故を防げます。
また、工具を落とした時や体勢を崩した時でも受け身をとりやすくなるでしょう。

3つ目は、作業効率が上がることです。
安全で安定した作業環境は職人の作業効率を上げることにもつながります。
また、工事の工程もスムーズに進むため、予定通りに進めることにもつながります。

□まとめ

今回は、外壁塗装工事で足場をつくるのに必要な期間や足場の重要性についてご紹介しました。
外壁塗装になぜ足場が必要なのかご理解いただけたのではないでしょうか。
足場を組む際は、大きな音がしますので近隣の方にしっかりと挨拶に行きましょう。
横浜で外壁塗装をお考えの方はぜひ一度当社にご相談ください。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.