リフォーム知恵ブログ

外壁塗装は雨の日でも可能?横浜の業者が説明します!

更新日:

横浜で住宅の外壁塗装をお考えの方はいらっしゃいませんか。

外壁塗装が行える条件と行えない条件をご存じでしょうか。

実は外壁塗装は天気に左右されやすい施工です。

そこで、外壁塗装は雨の日でも可能なのかということを、横浜の業者が分かりやすく解説していきます。


□外壁塗装を雨の中で行うことの弊害と業者の判断とは


雨の中で外壁塗装を行うことにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

また、雨により延期する判断はどのように下すのでしょうか。

いくつかのデメリットをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


まずは、塗料関係の作業が一切できないということが挙げられます。

その理由は、雨の中で塗料を塗ると雨で薄まってしまうからです。

また、雨水の水滴で綺麗な仕上がりになりません。

その他には乾燥しない間に重ね塗りを行うことになるので、乾燥した際にひび割れや亀裂が生じる可能性があるでしょう。


では、雨の日には全く施工が進められないのでしょうか。

実は雨が降っていても進められる作業があります。

それは、塗料を塗ること以外の作業です。


具体的には、施工に必要な足場の組み立て、養生シートの貼付などが挙げられるでしょう。

これらの作業は天候に関係なく行うことが可能です。

では、他のケースを考えてみましょう。


たとえば、塗料の作業中に雨が降ってしまったらどうするのでしょうか。

この際は、施工業者が中止か続行かの判断を下します。

判断材料はどのくらいの雨か、湿度、溶剤の乾き具合などです。

業者は天気予報を確認していますが、外れた際は中止せざるを得ない場合があるでしょう。


□雨の多い時期の外壁塗装で気を付けたいこととは


雨が多い時期の外壁塗装で依頼者ができることはあるのでしょうか。


まずは、依頼する業者選びです。

地域密着型の業者を選びましょう。

その理由は地元の天候、天気の変化を知っているからです。


外壁塗装の施工において、天候が読めるということは重要はことです。

また、塗装作業が完了し、業者が帰宅した後の雨など、もしもの際にすぐに駆けつけてもらえるという点で地域密着の業者は頼りになるでしょう。


□まとめ


以上が雨の日の外壁塗装についての解説と、注意点についての説明です。

上記の記事を踏まえると、雨の多い時期を避けることが最も賢明な対策ですよね。

しかし、どうしても梅雨の時期に施工をしなければならない状況があると思います。

その際は、上記の点に注意して、円滑に施工を進めましょう。

-リフォーム知恵ブログ
-, ,

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved.