リフォーム知恵ブログ

外壁塗装の工事のやり直しはできる?やり直しの方法について説明します!

更新日:

横浜にお住まいの方で外壁塗装をお考えの方はいらっしゃいませんか。
はじめて外壁のメンテナンスを依頼する方や、外壁塗装後にトラブルが生じた方がいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、外壁塗装の専門会社が塗装のやり直しについて紹介します。

□外壁塗装の工事がやり直しになってしまう原因とは?

そもそもどのような原因で外壁塗装はやり直しになってしまうのでしょうか。
ここでは、いくつかの原因について紹介します。

1つ目は下塗り材の選択ミスです。
下塗りの塗料にはさまざまな種類があります。
ここでしっかりと塗料を選択しなければ、外壁に塗料が密着せずに剥がれる原因となってしまいます。

適切な塗料を選択するためには、外壁の現在の状態を確認する必要があります。
詳しい下塗りの塗料については塗装会社に確認すると良いでしょう。

2つ目は適切な方法で塗られているかどうかです。
適切な塗料を選択した後は、適切な塗り方をする必要があります。
具体的には、使用する道具の種類や塗料を混ぜる量についてです。

上記の内容については天気や湿度の状態によって異なるため、専門会社の知識や経験が必要です。

3つ目は下地処理の問題です。
塗装を開始する前に、外壁の状態を整える必要があります。
外壁の状態を整える塗装を下地処理と言います。
下地処理の内容として、汚れを落とす高圧洗浄やヒビを埋める補修作業などがあります。

□やし直しで工事する場合は追加料金はかかる?

続いて、やり直しの工事に追加料金はかかるのかについて3つのポイントを解説します。

1つ目は塗装会社のミスが原因の場合です。
塗る予定であった部分の塗装ができていなかったなど、塗装会社のミスの場合は工事を担当した会社が対応する場合が多いです。
ミスの対応についての内容は事前に確認しておきましょう。

2つ目は顧客の都合の場合です。
工事完了後に、色が想像と異なるという理由でのやり直しは顧客の都合であるため、顧客が料金を支払う可能性が高いでしょう。

3つ目は過失の原因が分からない場合です。
会社と顧客のどちらが過失か分からない場合は、顧客負担の場合があります。
判断が難しい場合は、顧客が費用を負担することがあると考えておきましょう。

□まとめ

今回は横浜在住の方へ、外壁の工事のやり直しについて解説しました。
やり直しになってしまう原因や追加料金についてご存じではないことがあったと思います。
しかし、最も重要なことはやり直しにならないような工事をしてもらうことです。
丁寧な外壁塗装の工事は、ぜひ当社にお任せください。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.