リフォーム知恵ブログ

外壁塗装に用いる道具とその特徴について解説します!

更新日:

横浜にお住まいの方で外壁塗装の工事を検討中の方はいらっしゃいませんか。
皆さんは外壁塗装の工事に用いる道具についてご存じでしょうか。
何を利用しているのかよくわからない方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、外壁塗装に用いる道具について紹介します。

□外壁塗装に用いるオーソドックスな道具とは?

ここでは、外壁塗装に用いる3つの主要な道具について解説します。

1つ目はハケです。
ハケは外壁の表面を塗る時に重宝されます。
特に、外壁の縁の部分はローラーなどでは塗りにくいため、縁の部分は最初にハケを用いてから塗装することが多いです。

2つ目はローラーを用いた塗装です。
ローラーの特徴は、外壁に塗り込むような塗装方法です。
密着性があり、しっかりと塗装できます。
加えて、外壁の表面の塗膜が厚くなり、耐久性が上がるメリットがあります。

現在では、ほとんどの塗装会社がローラーを使用して塗装を行います。

3つ目は吹き付けです。
具体的には、スプレー式の機械を用いて、外壁に塗料を吹きかけます。
飛散する範囲が広いので非常にスピーディーな作業が可能です。

さらに、養生が必要な量にローラーとの違いがあります。
どちらも養生は必要ですが、飛散量の多い吹き付け工法の場合は必要な面積が大きいです。
ご近所などへの塗装しない部分への飛散に注意する必要があります。

□外壁塗装を行う際のチェックポイントとは?

続いて、外壁塗装を行う際の3つのチェックポイントを紹介します。

1つ目は外壁の状態についてです。
外壁の状態については早急に工事が必要な場合や、そろそろメンテナンスが必要なものなどさまざまです。
素人の目では工事の必要性は分からないですよね。

そこで、塗装会社に依頼するのですが、依頼する前に全体の状態を確認しておきましょう。
スムーズな打ち合わせができます。

2つ目は見積もりの資料についてです。
見積もりの際には使用する塗料や工事内容についての確認があります。
それらの具体的な金額や保証内容については会社任せにせずに、ご自身でもしっかりとチェックしましょう。

3つ目は工事中の作業についてです。
工事中の進捗状況については会社からの報告が無い場合でも、確認することをおすすめします。

手抜き作業が行われていないか、順調に作業が進んでいるかどうかを確認することが大切です。

□まとめ

今回は、外壁塗装に用いる道具とその特徴について解説しました。
塗装に用いる道具の意外な役割やチェックポイントについてご理解していただけたと思います。
塗装を検討されている方はぜひ、本稿を参考にしてみてください。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.