リフォーム知恵ブログ

外壁塗装における3回塗りの重要性について解説します!

更新日:

外壁塗装の工事を依頼される方は、どのような工事が行われるのか分からず不安ですよね。
外壁塗装では塗料の塗り方が仕上がりに大きく左右します。
そこで今回は、塗装の専門会社が外壁塗装における3回塗りの重要性について説明します。

□3回塗りはどのように分けられるのか

外壁塗装に用いる塗料は重ね塗りをすることが重要です。
ここでは、重ね塗りの具体的な内容を紹介します。

1つ目は下塗りです。
下塗りは外壁の表面の劣化具合や材質により、塗り方が異なります。
しかし、共通する主な役割として、もともと塗装されていた塗料の効果を消して、後から塗る塗料の外壁への密着性を高めることがあります。

上塗りの塗料との相性があるため、気になる方は塗装会社に確認してみましょう。

2つ目は中塗りです。
中塗りは基本的に上塗り塗料と同じものを使用します。
ムラがない塗料の膜を形成し、耐久性を向上させる役割があります。

3つ目は上塗りです。
中塗り後の上塗りでは、塗膜を重ねることでさらに耐久性を高くします。

□手抜きを防いで確実に3回塗りを行ってもらうための方法とは?

続いて、塗装会社の手抜き工事を防いで3回塗りを行ってもらう方法をいくつか紹介します。

1つ目は塗るごとに塗料の色を変更する方法です。
上記で説明したように、中塗りと上塗りは同じ塗料を使用します。
そのため、見た目では本当に重ね塗りをしたのか分かりません。
そこで、塗りの回数ごとに色を変更してもらう方法があります。

色を変更すると、見た目で何回塗ったのかを判断できます。
また、極端に異なる色を選択すると塗装が剥がれた時に目立ってしまうので、同じ系統の色で少し異なる色を選択することをおすすめします。

2つ目はツヤ感で回数を知る方法です。
上塗りを重ねると表面にツヤが現れます。
しかし、ツヤによる塗り回数の判断は素人では難しいので、1つ目の色を変える方法をおすすめします。

3つ目は優良会社に塗装してもらう方法です。
やはり、最も重要なことは手抜きをせずに作業工程を厳守してくれる塗装会社を選ぶことです。
塗装の依頼を検討される方は、3回塗りの重要性を理解している塗装会社を選びましょう。

□まとめ

外壁塗装を検討されている方へ向けて、3回塗りの塗装の重要性について解説しました。
本稿で紹介した3回塗りをする必要性や確実な塗装をしてもらう方法を、ぜひ参考にしてみてください。
その他に外壁塗装に関するお悩みなどがあれば、お気軽に当社にお問い合わせください。

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.