リフォーム知恵ブログ

ベランダ防水加工の相場は〇〇万円です。【少しでも安くする方法を解説】

更新日:


「ベランダ防水加工の相場ってどのくらいなのかしら・・・」
「ベランダ防水加工をする際注意することは?・・・?」
「ベランダ防水加工を少しでも安くしたいのだけど・・・・・・?」

上記の悩みにお答えします。

本記事は、ベランダ防水加工の価格相場・少しでも安くする方法を詳しく解説します【ベランダ防水加工の価格相場が分からない問題点も合わせて解説】

1.ベランダ防水加工の価格相場とは【約8万~15万円です】

ベランダ防水加工の価格相場はそのお宅の坪数にもよりますが、約8万円~15万円ほどです。ベランダ防水加工に使用する防水塗料はFRP防水とウレタン防水、大きく分けて2つがあります。

FRP防水加工の相場は約10万~15万円です。ウレタン防水加工の相場は約8万円~10万円です。この2つにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

FRP防水加工を使用するメリットは施工期間が1日~2日と比較的短いことです。デメリットは価格がウレタン防水加工よりも高いという事です。

ウレタン防水加工のメリットは価格が安いところです。デメリットは下地処理によってはFRP防水加工の2倍の3日~4日掛かるという事です。

特に今人気なのは、FRP防水加工です。理由は施工期間が短いので施主様に迷惑が掛かりづらい事と、仕上がりが綺麗に仕上がるためです。

ウレタン防水加工も良い点はあるのですが、外壁塗装と同じウレタン系は少し古い塗料になるため性能面で劣る部分があります。

2.ベランダ防水加工の価格相場が分からないとどうなる?

問題点➀:本来安い費用を多めに払ってしまうことがある

ベランダ防水加工の相場が分からないと、見積もりを見たときに「高い」「安い」が分からずに契約してしまい、大切な貯金から本来払わなくても良いお金が発生してしまいます。

問題点➁:追加料金が掛かってしまうことがある(請求)

ベランダ防水加工に掛かる費用がどこに掛かっているのかを理解しないと、次々に(壊れている部分などの修繕など)追加料金を請求されてしまうかもしれません。

問題点➂:他のリフォームに回せる資金が残る

ベランダ防水加工は家を守るための大切なリフォームです。しかし、家のリフォームとはベランダ防水加工だけではありません。内装リフォーム・外壁塗装・屋根葺替えなど、お家のメンテナンスでやりたいことは、たくさんあるでしょう。その為にも残せる資金は残しておきましょう。

3.ベランダ防水加工を少しでも安くする方法 3選【資金を残すためには】

『良いベランダ防水加工・良い職人さんで費用を安く抑えられないかしら・・・』と悩む方へ、安くできます!

費用を安く抑える方法として3つお伝えするので、ぜひ確認してみてください!!

①業者にメンテナンスを頼む

メンテナンスを頼む理由は、ベランダの痛み具合によって部分的にベランダ防水加工をすれば済むかもしれないからです。例えば、日頃からメンテナンスをしていれば痛んでいる部分がはっきり分かるので、そこだけの修繕で済み、結果的に費用が安く済む可能性があるからです。

無料メンテナンスをしている会社も調べればありますので是非チェックしてみて下さい。当社でも即日完全無料メンテナンスを行っておりますので気になる方は是非ご連絡下さい。

②地元の工務店でベランダ防水加工を依頼する

大手リフォーム会社だと仲介手数料が掛かるので、通常よりも高くなってしまう事が多いです。しかも、大手でも施工するのは下請け業者なので、結局は自社で施工する地元の工務店と安心感でいうと変わらないのです。

なので、中間手数料の掛からない地元の工務店に依頼した方が安く済むのです。ただ、大手だろうが地元の工務店だろうが良い職人さんがいるかどうかは分かりません。そこは1本電話をして職歴が長い職人や資格のある職人がいるかを確認してみましょう。

③外壁塗装のタイミングでベランダ防水加工をする

外壁塗装を施工する職人さんは基本的にベランダ防水加工が出来る職人さんが多いです。なので外壁塗装施工時に一緒に頼むことで他の作業の合間に同じ職人さんが施工出来るため、人工に遊びがでなくなり安くなることがあります。

当社はベランダ防水加工を基本的に無料で施工させていただいてます。もしベランダ防水加工にご興味がある方は、その方法をご説明しますので是非一度ご連絡下さい。

→無料・お問い合せをする

LINE@でも完全無料個別相談受付中【☆豪華特典付き☆】

-リフォーム知恵ブログ

Copyright© ホームインテリジェンス , 2020 AllRights Reserved.